これから眼球注射治療をと言われ戸惑っている方必見! 貴重な写真

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真で見て知る 硝子体内注射

 .早期発見、早期治療

パソコンの枠が歪んで見えたのは、3年前の8月27日であった。たまたま予約していた人間ドックの眼科で、一週間後の9月3日には、アイリーアという抗VEGF薬の注射をしていただいた。早期発見早期治療のお蔭で、その後2回の注射を受け安定状態を維持することが出来た。暫く控えていた車の運転も再開し、日常生活に不自由を感じることはなく過ごしてきた。

下の断層写真は、発症直後の治療前のものである。

発症当初の黄斑中心窩断層写

発症当初の黄斑中心窩断層写

 

その翌年2015月に度目の注射をしたが、それ以降ヶ月の間は安定状態が続いていた。下の写真は今年(2017年)16日のもので、特に異常は認められない。

治療後の黄斑中心窩断層写真

治療後の黄斑中心窩断層写真

 

2.薬の選択

ところが、それから3カ月後に定期検診を受けた際、医師から水(写真の黒い部分)が溜まっていると云われ、発症から度目の硝子体内注射をすることになった。

定期検診時、水(写真の黒い部分)が溜まっている

定期検診時、水(写真の黒い部分)が溜まっている

 

注射に先立ち、医師に質問を投げかけた。「一昨年までの注射はいずれもバイエル社のアイリーアであった。このほかに、ノヴァルティス社のルセンティスがあるはずだが、どちらを使うかを決める判断基準を教えて下さい」と。

医師の回答は、特に判断基準はなく自由裁量に任されているということであった。いずれの薬も、患者によって効果が異なるので一定の判断基準はないという。仮に甲という患者にAという薬に効果があれば使い続けるし、効果がなければBに変えるという。要するに基準はなく、試行錯誤で薬の選択が行われるように感じた。

 

3.注射

医師の了解を得て治療の光景を看護師に写真撮影してもらうことにした。

治療室に入った。注射に先立って、麻酔と消毒が看護師によって施された。最初の一滴は目に染みたが、二滴目からは何も感じなくなった。

点眼麻酔

点眼麻酔

麻酔と消毒を終え、注射を待っている光景である。

 

ベッドの上で待つこと20分、医師が手術着を着て現れた。注射の前に、眼に固定枠のようなものがはめられた。

固定枠装着

固定枠装着

次に医師は注射針を刺す位置を確認する。

注射位置確認

注射位置確認

 

注射は一瞬の内に終わる。麻酔をしているので痛みを感じることはない。

 

痛みを感じない注射、一瞬

痛みを感じない注射、一瞬

術後の消毒をして終了する。

術後消毒

術後消毒

そして固定枠を外す。

固定枠除去

固定枠除去

 

治療が終わると眼帯を掛けられた。翌朝までかけておくようにとの注意があった。三日間の目薬が処方された。

 

4.生命保険の給付金

治療を終え会計に行くと、眼帯をしていたので支払は機械でなく窓口でしてくれることになった。44400円である。これまでは「協会けんぽ」に加入していたので、一割負担の1万数千円で済んだ。昨年75歳になり後期高齢者医療保険に加入したため、割ではなく割負担が適用されたのである。

病院の前からタクシーに乗り、大阪梅田にある生命保険会社の窓口に立ち寄った。生命保険の手術特約に加入しているので、給付金の請求手続きをするためである。一昨年までは一回の注射に対して万円の給付金が出た。一割負担だと、お釣がくる勘定である。

しかし、2016年3月以降の手術から制度が変更になり、給付金が支払われなくなったという説明を受けた。治療費がもう少し安くならないものかと思いつつ、電車に乗り込んだ。

06/03/2017

これから眼球注射治療をと言われ戸惑っている方必見! 貴重な写真」への13件のフィードバック

  1. 埼玉県川口市在住の72歳の男性です。会員ではありません。平成23年12月に発症し、硝子体内注射を十数回受けてきました。
    生命保険の給付金が支払われなくなったとのことですが、
    私も平成29年5月に手術給付金を受けたときに、公的医療保険制度の改定を理由に、今後は支払わないとの文書が来ました。
    日本生命の保険で、平成4年8月1日に契約した保険です。
    現在打ち切りはおかしいと交渉中です。もしさしつかえなければ、保険について、情報交換できればとおもっております。よろしくお願い致します。

    • 保険給付金

      加齢黄斑変性の主な治療法である抗VEGF薬の硝子体内注射は高額ある。3割負担の場合では一回の注射のつき4万円から5万円かかる。
      2014年の9月から11月に三回注射を受けた。これに対して、生命保険の入院・手術特約に加入していたので、それぞれにつき5万円の給付金が支払われたので、実質的な負担はなかった。
      今年の4月久しぶりに注射を受けたので、給付金の請求をしたところ、支払い対象でなくなったとの通知を受けた。その手紙には次のような説明があった。

      保険会社からの手紙

      昨年5月、兵庫県姫路市の女性から、硝子体内注射は給付金の適用外との説明を受けたと聞いた。また最近埼玉県川口市の男性から給付金の支払い対象でなくなったとの通知を受けたとの連絡があった。

      では、他に方法がないのか。医療保険という仕組みを使えないか。テレビでよく宣伝している外資系の会社に問い合わせてみた。このうちA社は病名に「加齢」が付くものは支払い対象にしていないとのことである。B社は対象になるという。しかし、書類を取り寄せ、掛け金と給付金を比較したところ、メリットがないと判断した。
      一年間にかなりの回数の注射を受ける人にはメリットがあるかもしれない。

      (高田 忍)

  2. 先日眼科で硝子体内注射をした方がいいと診断され調べていたところ、ここを知り詳しい情報がとても参考になりとてもありがたいです。じつは私が現在加入している保険会社の医療保険では硝子体内注射は給付金の適用外との話で不安に思っていました。給付金対象になる保険会社を知りたいのですが、もし差し付けなければお教え願えないでしょうか。よろしくお願いします。

    • 佐々木ゆう様

      コメント投稿、ありがとうございます。

      高田代表がこの件について言及されています。サイト内の記事と重複しますが以下のとおりです。
      ———————————————–
      保険給付金

      加齢黄斑変性の主な治療法である抗VEGF薬の硝子体内注射は高額ある。3割負担の場合では一回の注射のつき4万円から5万円かかる。
      2014年の9月から11月に三回注射を受けた。これに対して、生命保険の入院・手術特約に加入していたので、それぞれにつき5万円の給付金が支払われたので、実質的な負担はなかった。
      今年の4月久しぶりに注射を受けたので、給付金の請求をしたところ、支払い対象でなくなったとの通知を受けた。その手紙には次のような説明があった。

      保険会社からの手紙

      昨年5月、兵庫県姫路市の女性から、硝子体内注射は給付金の適用外との説明を受けたと聞いた。また最近埼玉県川口市の男性から給付金の支払い対象でなくなったとの通知を受けたとの連絡があった。

      では、他に方法がないのか。医療保険という仕組みを使えないか。テレビでよく宣伝している外資系の会社に問い合わせてみた。このうちA社は病名に「加齢」が付くものは支払い対象にしていないとのことである。B社は対象になるという。しかし、書類を取り寄せ、掛け金と給付金を比較したところ、メリットがないと判断した。
      一年間にかなりの回数の注射を受ける人にはメリットがあるかもしれない。

      (高田 忍)
      ——————————————–
      高田代表がこの件について詳しいので、高田代表へ連絡しておきます。

      事務局 星野龍一

      • 早々にご返事いただきありがとうございます。いきなりの書き込みで失礼しました。じつは先日自分も数社問い合わせてみたのですが、いずれも適用外との返答でしたので、ここを知り藁をも掴む気持ちで書き込んでしまいました。よろしくお願いします。

  3. 53歳、男。会員ではありません。不都合な場合は削除してください。
    加齢黄斑変性と診断されました。加齢の響きにショックを受け、大学病院から開業医までいくつも受診しました。当然、結果は変わらず、硝子体注射で治療しないと悪化し失明の恐れも否定できないと言われました。覚悟を決めて、治療を受ける病院を徹底的に調べました。神戸アイセンターが私の選んだ病院です。現時点で2回の注射を受け、来月3回目です。アイリーアです。1回目で劇的に改善し、もうこれで治療を終えようかというところまで回復。しかし、1ヶ月を経て、視認物が歪みだしました。2回目の注射は効果が薄く、改善の兆しは見られません。3回目に希望を託しています。治療費は44000円程度。高額療養費の払い戻しを受けています。これまで健康だけが取り柄で、生保も解約しましたのえ、他に補填はありません。経済的に厳しいですが、続けるしかありません。

    • 中沢 俊夫 様

      ご投稿ありがとうございました。

      確かに高価な注射は経済的負担が大きく、誰もが感じていることです。

      滲出型加齢黄斑変性を患っておられるかと存じますが、この病に対しては
      早期発見早期治療が最善の方法で進行を遅らせるしか方法が無いようです。

      54歳で少し年齢的に早くご心配も多いかと存じます。今後の情報を得る
      ためや患者同士の助け合いなどにももしよければご入会をお勧めします。

      ありがとうございました。

      関西黄斑変性友の会
      事務局長 星野龍一

    • 中沢俊夫様

      代表世話人の高田忍と申します。
      書き込み読ませていただきました。今まで聞いたことにない病気で、また失明の恐れと聞いて不安なことと思います。
      ただ、失明といっても真っ暗になるわけではないようです。
      見え方に異変を感じてどのくらいで注射の治療をしましたか。この病気は早期発見早期治療が大切といわれています。
      私の場合は、一週間後には注射をしました。続けて一か月おきに3回注射した結果、症状は安定し車の運転を再開しました。
      注意すべきは、タバコは絶対駄目です。食べ物も出来るだけ黄緑色野菜を充分とるように努めてください。
      神戸アイセンターはiPS細胞の臨床研究もしているところなので、医師の指示に従われるのがいいかと思います。
      尚、治療に先立ち眼底写真や断層写真を撮られるともいますが、医師にそのプリントを依頼し、ご自分でも変化が分かるように管理することをお勧めします。
      出来れば入会をお勧めいたします。より詳しい情報のやり取りができるとい思います。他の会員との交流の場もあります。
      高田

  4. 2018年1月に発症し先週眼球注射1回目を終えました。1週目にちょっと改善したかなあと言う感じ。日曜日にめまい、吐き気、頭痛発症。めまいは起きる時だけですが頭痛は頻繁に。耳鳴りもあり。これは黄斑変性症と関係ありでしょうか?

    • 眼球注射に関する医学的回答は行っていません。治療を受けた眼科医にその後の経過を伝え聞くしか無いと思います。定例会などで同じ体験の有った方の話を聞くことは可能かと思います。当会の入会をお勧めします。

      以下がご参考になればと思います

      医者にかかる10箇条
      あなたが【いのちの主人公・からだの責任者】
      ① 伝えたいことはメモして準備
      ② 対話の始まりは あいさつから
      ③ よりよい関係づくりはあなたにも責任が
      ④ 自覚症状と病歴はあなたの伝える大切な情報
      ⑤ これからの見通しを聞きましょう
      ⑥ その後の変化も伝える努力を
      ⑦ 大事なことはメモをとって確認
      ⑧ 納得出来ないことは何度でも質問を
      ⑨ 医療にも不確実なことや限界がある
      ⑩ 治療方法を決めるのはあなたです
      NPO法人ささえあい医療人権センターCOML 山口育子氏講演より 星野龍一

  5. 患うものにとっては、金の切れ目が寿命の切れ目になることは必然です。健康保険料が払えず医者にかかることもできず寿命を縮めた人も何人も知っています。それと、医者を選ぶも寿命のうち、これは身をもって経験をしています。加齢性黄斑変性症16年。5月にアイリーア注射して6月になって少し良くなったと自覚できたのですが7月に入ると急激に悪化6月の検査では、安定していたが8月の検査で浮腫があり、明日8月24日から一か月ごと[アイリーア]3回の固め打ちが始まります.年々悪くはなっていますが何とか粘っています。タバコはやめましたがお酒はやめていません。体のためより、うーんやめなければならなくなります。自分の病気に関して自分が主治医?よく調べることが必要です。医者の言っていることで頼れる医者かわかるようになります。

  6. 初めてお便りします。妻が2週間前に突然左目の異常を訴え、近くの個人医療眼科で検査してもらい9月28日に1回目のルセンティスの注射を受けることになりました。左目は角が見えて真ん中が見えないといった状態で、検査写真の説明で、徐々に悪化してきたものであり、ルセンティスの注射医療を勧められました。本人は不安が先行してますが、最善の治療かも含めて、家族としても不安でメールしました。お知恵を頂きたく宜しくお願い致します。

    • お問合せ有難うございます。ご家族としても、ご本人としても不安なことは、良く分ります。私自身4年前に発症し、目に注射と聞いて非常に不安になりました。しかし、案ずるより産むが易しという言葉があります。恐れる必要はありません。詳しくはサイトに注射の状況を掲載しているのでご覧ください。
      麻酔がかけられるので痛みは感じません。麻酔後10~15分後に注射されます。注射は一瞬の内に終わります。注射といっても針が目の奥に深く入る感じはしません。何かが触れたなアと思った瞬間終わっています。
      なお、現在の治療法は抗VEGF薬の注射しかありません。
      更にアドバイスしますと、奥さんが患者の場合にご主人まで心配心配といってはいけません。「自分が支えるから大船に乗った気持ちでいなさい」と励ますことが大切です。友の会に入会されれば、もっと多くの体験や会員との交流が出来ます。
      高田 忍

      追伸
      友の会に入会されれば、さらに詳しい情報や他の会員との交流が出来ます。ご検討ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA