ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

高齢運転者(70歳以上)の免許更新手続き

高齢運転者(70歳以上)の免許更新手続き
(2020年版)

今年(2017年)3月12日から、高齢者運転者の免許更新手続きが改正されました。下の図は警視庁のホームページからダウンロードしたものです。

高齢者運転者の免許更新手続き改正

高齢者運転者の免許更新手続き改正

1.75歳未満
更新期間が満了する日において、75歳未満の人は合理化講習(2時間)の後、免許更新される。

2.75歳以上
75歳以上は高齢者講習に先立ち認知機能検査を受けなければならない。
認知機能検査の結果が76点以上は75歳医未満と同じ合理化講習を、49点から75点は高度化講習、48点以下は医師の診断を受け高度化講習を受けるか、または認知症と診断された場合は免許取り消しの対象になる。
下の写真は兵庫県公安員会からのお知らせである。76点以上は合理化講習(5100円)、49~75点は高度化講習(7950円)、48点以下は医師の講習を受ける。

更新手続通知

更新手続通知

3.認知機能検査は記憶力、判断力の検査である。検査時間は約30分である。
5問出題される。問題用紙、回答用紙と鉛筆が配られる。
(第一問)検査日の年月日、曜日、時間を記入する。検査開始前に時計を外すようにいわれる。

続いて正面のディスプレイに合計16枚のイラストが映し出される。一画面に4つの絵が出され、全部で4つの画面が映される。
例えば、最初の画面では4つの枡の中に機関銃、琴、親指、電子レンジが描かれている。係員が「電気製品は」と聞くので声を出して「電子レンジ」と言って覚える。声を出すことは記憶の手助けになる。
実際は写真ではなくイラストの絵である。2020年のイラストの内容は2017年からかわった。しかし、武器、楽器、身体、電気製品などのヒントは変わっていない。

認知機能検査

認知機能検査

認知機能検査

認知機能検査

 

(第2問)回答用紙には、一行に約10個の数字がならび、これが10行ほど書かれている。係員が黒板に例えば「1,3」と書くので、その数字を消し込んでいく。続いて「6,7,9」を消す作業を行う。

(第3問)先に示された絵を思い出しながら、回答用紙に言葉で書く。順序不同で、ひらがな、カタカナ、漢字を問わない。まったく思い出せない場合は、回答用紙の第4問が透けて見えるので、ヒントになる。
(第4問)回答用紙には「1.武器」「2.電気製品」などと書かれている。「大砲」「ラジオ」などと書き込んでいけばよい。

(第5問)白紙の回答用紙に文字盤の入った時計の絵を描く。係員が例えば「11時10分」というので短針と長針の区別が分かるように書き込む。

4.認知機能検査の通知は、免許証更新時期の約6か月前に3枚つづりのハガキで送られてくる。ハガキには認知機能検査を受けられる同じ都道府県内の自動車教習所のリストが書かれている。自動車教習所はどこも繁忙である。ハガキを受け取ったら直ちに予約する必要がある。兵庫県西宮市の教習所の場合、4月にハガキが届き認知機能検査を受けたのは8月後半になった。

 

5.認知機能検査は検査当日にはわからない。後日ハガキが届くので、あらためて合理化講習、又は高度化講習の予約をする必要がある。

6.公安委員会での運転免許証更新の予約は必要ではない。

特別定額給付金のスマホによる申請の仕方

スマホによる「特別定額給付金申請」の仕方

 

新型コロナウィールスに関して、国民に10万円の特別定額給付金が支給されることになりました。マイナンバーカードを持っている方はパソコン又はスマホで、オンラインによる申請が出来ます。

パソコンの場合は、マイナンバーカードを読み取るカードリーダーが必要です。アマゾンに注文が殺到しているようで、在庫がなく入荷するまでに時間がかかります。又費用も掛かります。

そこで、スマホでの申請の仕方を説明します。尚、スマホの機種によっては対応できない場合があります。

 

1.Play Storeから「マイナーポータルサイト」を検索しダウンロードします。音声入力で検索できます。

1.	Play Storeから「マイナーポータルサイト」を検索しダウンロード

1. Play Storeから「マイナーポータルサイト」を検索しダウンロード

2.画面一番上の「マイナーポータルにログインを押すと、パスワード入力画面が出る。

2.「マイナーポータルにログインを押しパスワード入力

2.「マイナーポータルにログインを押しパスワード入力

 

3.パスワード4桁を入力し、画面右下のOKボタンをおす。カード読取りの画面に替わる。マイナンバーカードの番号が書かれた面を写真のようにスマホにピッタリと付ける。離すと読取りが出来ない。

3.マイナンバーカードの番号が書かれた面を写真のようにスマホにピッタリと付ける。

3.マイナンバーカードの番号が書かれた面を写真のようにスマホにピッタリと付ける。

 

4.「申請はこちら」の画面に替わる。

特別定額給付金の申請

特別定額給付金の申請

5.給付金を申請する自治体を選択する。申請の受け付けは自治体の準備状況によって異なり、兵庫県西宮市は5月1日から可能であるが、5月3日大阪府吹田市は確定していない。居住する自治体のホームページ確認すること。

申請する自治体を選択

申請する自治体を選択

6.都道府県と市町村を選択する。

都道府県選択

都道府県選択

都道府県選択

都道府県選択

 

7.申請画面に進み「特別定額給付金」にチェックマークを入れる。

該当欄にチェック

該当欄にチェック

8.以下は画面の案内に従って入力すれば、それほど難しいことはない。

新型コロナウィールス禍の眼科受診

新型コロナウィールス禍の眼科受診

 

新型コロナウィールスの感染が収束の気配が未だ見えない4月28日(火)、二カ月前に予約していた大阪市内の病院に眼科の検診に行った。不要不急の外出の自粛要請が出る中で、三週間ぶりの外出であった。

予約した病院のホームページの「お知らせ」を見ると、入院患者の中に一名の感染者がいるという。しかし、目の検査の先延ばしをすることもできない。朝、測った体温は36度3分で不安を抱えながら自宅を出た。

緊急事態宣言が出て、外は様変わりであった。バスの運転席に近い席にはテープが張られていた。バスの運転手が感染しないための対策である。

バス運転手が感染しないための対策

バス運転手が感染しないための対策

大阪へ出る時に利用する阪急電車を避け、JRに乗った。写真は一番混み合う尼崎―大阪間の午前9時頃の車内の様子である。全員マスク着用で、しかも互いに離れて座っている。

全員マスク着用で、しかも互いに離れて座っている

全員マスク着用で、しかも互いに離れて座っている

最寄りの駅から15分歩いて病院に着いた。いつもと入口付近の光景が違った。問診票に来院目的、1週間以内の発熱の有無、24時間以内の解熱薬など6項目の質問に記入するよう求められた。問診票を提示すると検温計を額に当て体温の確認が行われた。

検温計を額に当て体温確認

検温計を額に当て体温確認

問診票

問診票

受付時刻は9時33分であった。2階の眼科の待合室に行くと患者数が随分少なく、15分後に視力検査と眼圧の検査があり、瞳孔を開く目薬を点されてから15分後には断層写真と眼底写真が撮影された。10時30分には診察が開始され、受付から診察迄約一時間というスピードであった。

医師は「水が色素上皮細胞の底にある細胞にたまっているが、2カ月前と大きな変化はない。今回は注射をする必要はない。白内障の兆候が見られる」と説明し、いつものように断層写真と眼底写真をいただいた。次の7月7日の予約まで様子を見ることになった。

断層写真と眼底写真

断層写真と眼底写真

サプリメントを服用しているかと尋ねられたのでオキュバイト50+と答えた。医師に、効果に個人差があるのか尋ねたところ、ルテインが含まれていれば大差はないとの説明で、わかもと製薬のオプティエイドMLのサンプルを手渡された。

大型連休というかステイホーム週間のさなかで、病院に来る患者が少ないため、会計も5分で終えることが出来た。

わかもと製薬のオプティエイドMLのサンプル

わかもと製薬のオプティエイドMLのサンプル

これに対して、薬局での待ち時間は長く、受付から会計まで40分もかかった。処方箋を受け付けてから、薬を探すまでをすべて人力で行っている。IT技術を使うなどして合理化の余地がある分野である。

帰りは人混みを避け梅田まで歩いた。いつも混雑している阪急百貨店とグランドビルの間の広い通路も人通りはまばらであった。外出の自粛要請の効果が出ているようであった。一日も早い収束を願いたい。

阪急百貨店とグランドビルの間の広い通路も人通りはまばら

阪急百貨店とグランドビルの間の広い通路も人通りはまばら

高田 忍(2010,4,28)

桜開花の定点観測

桜開花の定点観測

 新型コロナウィールスの感染予防のため、外出の自粛要請がなされている。とはいえ、一日中自宅に引きこもっているわけにはいかない。散歩の途中に桜の木がある。毎日どのように変化し、開花するか興味があった。兵庫県内の同じ桜を定点観測した。

3月21日

3月22日

3月23日

3月27日

3月28日

3月29日

3月30日

3月31日

 

 

4月1日

4月2日

 

4月4日

 

4月7日 ほぼ満開

 

おまけ

4月2日 川西市内

4月11日 西宮北山緑化植物園

新型コロナウィールスに関して思うこと

新型コロナウィールスに関して思うこと

 2月5日、東京での「関東会員の集い」に参加するため上京した。大阪から羽田空港行きのJALを利用した。冬のことなので富士山が美しく見えると思い、左の窓側の席を予約した。飛行機は太平洋岸沿いに東に向かい、やがて東京湾を北上した。それまで翼が邪魔になって見えなかった富士山が突然姿を現した。思わず数枚の写真を撮った。

着陸態勢時見えた富士山とダイヤモンド・プリンセス号

着陸態勢時見えた富士山とダイヤモンド・プリンセス号

 良く見ると左端にクルーズ船ダイヤモンドプリンセス号が写っている。予定では2月4日に入港することになっていたが、新型コロナウィールスの感染者が出て入港を許されず、東京湾内を彷徨っていたのである。

 コロナウィールスと聞いて、トヨタの車コロナを思い出す。コロナとは「太陽の冠」を意味する言葉である。昭和40年代、トヨタの車の名前は「冠」にちなんだ名前が付けられていた。クラウン(CROWN)は王冠、カローラ(COROLLA)は花冠を意味した。偶然か分らないが頭文字は全てCである。その後、発売された車もセンチュリー(CENTURY),セリカ(CELICA)、カリーナ(CARINA)のように頭にCが付けられていた。

トヨタ コロナ

トヨタ コロナ

 太陽のコロナは下の写真である。毎日テレビで見せられるウィールスとよく似た姿である。

太陽のコロナ

太陽のコロナ

 新型コロナウィールスの感染が広がるにつれて、耳慣れない言葉を聞くようになった。クラスターとテレワークである。クラスターとは小規模集団といえばわかる。テレワークとは電話による仕事のことかと思っていたが、在宅勤務のことのようだ。分かりやすい日本語があるのになぜ使わないのか不思議である。

 明治時代になり日本は西洋から多くの文化や思想を学び取り入れた。そして、カタカナ語ではなく漢字を使った言葉に翻訳した。「文化」「思想」もその一つである。他にも「経済」「社会」「会社」など、多くの言葉を漢字で表した。

 その頃、中国から日本へ留学生が来ていた。留学生は日本が漢字に翻訳した言葉を中国に持ち帰った。昨年中国は建国70周年を迎えた。町の中のいたるところに「社会主義価値核心価値観」の看板が立っていた。そこには民主、自由、平等、法治など12の言葉がある。その中のいくつかは留学生が中国に伝え定着させた言葉である。正式な国名である中華人民共和国の「人民」と「共和」も元は日本語である。

 

中華人民共和国の「人民」と「共和」も元は日本語

中華人民共和国の「人民」と「共和」も元は日本語

 そして、その漢字は古代の日本人が中国から持ち帰ったものである。新型コロナウィールスの感染拡大を防止するために、政府は中国と韓国からの入国を制限する措置を取った。中国が漢字を捨てた韓国のような反発をせず、むしろ日本に対して理解を示したのは、このような両国の長い文化の交流があるためではないかと思う。

(2020,3,14 髙田忍)