加齢黄斑変性症の治験者募集

このエントリーをはてなブックマークに追加

加齢黄斑変性症の治験者募集

加齢黄斑変性症の治験者の募集が、主な病院で行われています。

写真は、住友病院(大阪)の眼科の掲示板に貼られた募集ポスターです。現在の治療薬が高価であるため、より安価な治療薬が開発され、その治療薬の治験を行うものです。

対象は50歳以上で、治療経験のない人です。詳しくは、それぞれの病院に問い合わせてください。

「治験」とは、ポスターにも書かれているように、新しい薬が国(厚生労働省)で認められ、世の中に出されるために、患者の協力でその薬の有効性や安全性確認するための試験のことをいいます。

現在、認められている抗VEGF薬はルセンティスとアイリーアの二つです。いずれも高価であるため、加齢黄斑変性の患者にとっては、明るいニュースです。

 

加齢黄斑変性症の治験者募集」への1件のフィードバック

  1. 加齢性黄斑変性歴5年です。3年間ルセンテス注射治療を毎月おこなっていましたが、眼底黄斑部の血管生成にあまり効果なく、2年前からアイリーアに変えたとこと極めて効果があり、現在10週間隔注射に改善され方眼紙検査でも殆ど歪みがありません。現在88歳。ただし最近、注射後に目が痛く目じりが赤くなる症状が出ています。2日程涙が止まらない状況です。どうも注射の際に眼球に装着する固定枠が大きすぎて目の周辺部をいためるのではないか?と疑問を持っています。医師は麻酔の影響ではないか?と説明していますが、納得していません。高齢化で眼球が小さくなっているのに固定枠が合わなっなっているのではないか?と思います。固定枠の大きさは一種類しかないもでしょうか?どなかた同じような経験のある方おられましたら教えてください。なお、黄斑変性治療では実績ある有名な大学病院です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です