トップページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

関西黄斑変性友の会のホームページへようこそ。

 加齢黄斑変性症の患者および家族の皆さん特定非営利活動法人(NPO法人)  関西黄斑変性友の会に入りませんか。この会は病気の知識を深め、会員同士の交流を通じて、今より豊かな人生をおくることを願って2015年10月に結成されました。これまで。京阪神を中心に東は関東地方から沖縄まで広がりました。

 活動内容の主なものは、定例会の開催とニュースレター「友の会ニュース」の発行と見え方の悪さから閉じこもりがちになる会員の健康増進とリクリエーションの為「歩こう会」で見学会やウォーキングを行っております。

内閣府 NPOポータルサイト(リンクは別ページで開きます。)

大阪市 NPOポータルサイト(りンクは別ページで開きます。)

Google ノンプロフィット・アドグランツ、2018年6月14日 承認済

Microsoft 非営利団体適格性確認完了、    2018年6月6日   承認済

YouTube Nonprofit Program 承認済

飛鳥ハイキング

飛鳥ハイキング

 定例会は年二回開催いたします。その内、一回は専門の医師から病気の説明をしていただきます。病気と上手に付き合うには、先ず病気を知ることが大切です。病院での診察では、忙しい医師になかなか悩みや疑問を質問できないものです。そこで、このような場で日頃の疑問を明らかのすることを目指しています。また最近話題になっているiPS細胞による先進的な医療の知識も深めるようにしたいと考えています。

高田 忍 代表世話人

 もう一つの定例会では、患者同士の経験交流を行います。経験交流を通じて、一人一人がより良い日々を送れるきっかけになればと願っています。どんな病気でも、多くの人が心配し悩みます。ほかの会員の経験を聞くことによって自分の生き方の参考にすることが出来、あるいは自ら話すことによって悩みや心配を和らげることが出来ます。

このため、ホームページに「私の体験談」を設けました。是非ご覧ください。

 「友の会ニュース」は年二回発行いたします。定例会の内容の他、治療費の問題や、先進的な医療情報を集め会員の皆さんに提供いたします。

 このほか、機会があればマスメディアを通じて、加齢黄斑変性の理解が深まる啓発活動にも積極的に取り組んでまいります。

高田 忍 代表世話人

お知らせ

2018年5月5日
ロービジョン対応した新装置
2018年3月17日
NHKスペシャル「人体」放送/「1からわかるiPS細胞」のお知らせ iPS細胞研究基金事務局
2017年12月12日
NPO法人設立総会
2017年9月30日
NHKの健康番組の予告 10月16日 月曜
2017年4月28日
京都大学でiPS細胞に関する一般向けシンポジウム
› 続きを読む