朝日新聞及びデジタル版 取材 髙田代表の意見 記事掲載

<朝日新聞及びデジタル版 取材 髙田代表の意見 記事掲載>

 

iPS網膜「移植1年経ち安全性確認」 最大の壁を突破

2019年4月18日21時18分

iPS細胞を使った主な臨床研究の進捗

iPS細胞を使った主な臨床研究の進捗

 理化学研究所などは18日、他人のiPS細胞から作った網膜細胞を、失明のおそれがある目の病気「加齢黄斑変性」の患者5人に移植した臨床研究について、移植1年後でも懸念された細胞の腫瘍(しゅよう)化や大きな拒絶反応はなく、安全性を確認したと発表した。実用化に向け、最大の障壁の一つを越えた形だ。

 理研の高橋政代プロジェクトリーダーが日本眼科学会総会で報告した。様々な組織の細胞に変化できる他人のiPS細胞を使う移植で、1年間の安全性を検証した報告は初めて。ヒトのiPS細胞ができて11年余りたち、高橋さんは「安全性を確認する目的は達成された。(実用化の)7合目まで来た」と話す。

 研究チームは2017年3~9月、iPS細胞から変化させた約25万個の網膜細胞を液体に入れ、60~80代の男性5人の目に注射で移植。多くの人で拒絶反応が起きにくい型のiPS細胞を使い、それに合う患者が選ばれた。

 研究の主目的は安全性の確認。移植した細胞は腫瘍化せず定着し、1人で軽い拒絶反応があったが、薬で治まった。5人とも視力は維持されているという。

 今回の報告について、再生医療に詳しい東京医科歯科大の森尾友宏教授は「大きな成果。ランドマーク的な仕事」と評価する。「今後は有効性をどこまで高められるかがポイントだろう」と話す。

 民間企業のヘリオスと大日本住友製薬iPS細胞を使い、加齢黄斑変性の患者へ移植する治験など、企業治験が予定されている。大日本住友製薬は、22年度に製品化することを目標としている。

 ヒトの皮膚や血液からiPS細胞を作るには、多額の費用がかかる。大阪大の紀ノ岡正博教授(生物化学工学)によると、製造コストや期間を減らすには、今回のように、あらかじめ健康な他人の血液から高品質iPS細胞を作り、それを増やして備蓄するのが現実的という。様々な型のiPS細胞をそろえれば、患者に合ったiPS細胞も選べる。実際、現在多くの臨床研究は、他人から作ったiPS細胞を使っている。

 関西黄斑変性友の会の代表世話人をする兵庫県西宮市の高田忍さん(77)によると、会員アンケートで約7割が、将来のiPS細胞による治療を望んでいるという。「現時点では過度な期待をする段階ではない」とした上で「今は定期的に目に注射をして治療しているが、注射の必要がなくなるなら、安心する患者も多いのではないか」と話す。(後藤一也)

加速する移植の研究

 iPS細胞を使った再生医療の臨床研究は、多くの大学や研究機関で進みつつある。ほかに有効な治療法がない病気の患者らの期待は大きい。

 加齢黄斑変性の他に、iPS細胞を変化させた細胞の患者への移植まで進んだのは、京都大のチームによるパーキンソン病の治験だ。薬で症状を十分にコントロールできない患者計7人に移植し、安全性や有効性を調べる。

 また今年度中に4チームが移植を予定している。大阪大が心臓と目の病気の患者にそれぞれ移植する。京都大は血液の難病「再生不良性貧血」、慶応大は脊髄(せきずい)損傷の患者への準備を進めている。

 東京大はヒトのiPS細胞を動物の受精卵が成長した胚(はい)に入れ、動物の体内で移植用のヒトの臓器をつくることを目指す。

 ほかに、治験を予定している企業もある。

 今回の加齢黄斑変性では安全性が確認されたが、ほかの臨床研究では、移植する細胞数が億単位と多いものもある。腫瘍(しゅよう)化しないかといった安全性や、有効性を慎重に確認することが欠かせない。実用化が近づくにつれ、費用をいかに下げられるかも一層課題となる。

(戸田政考)

 

髙田代表が掲載された朝日新聞版記事 (pdfリンク)

 

「滲出型加齢黄斑変性に対する他家iPS細胞由来網膜色素上皮細胞懸濁液移植に関する臨床研究」

「滲出型加齢黄斑変性に対する他家iPS細胞由来網膜色素上皮細胞懸濁液移植に関する臨床研究」

の移植後年の経過観察終了の報告について

概要

神戸市立医療センター中央市民病院、神戸市立神戸アイセンター病院、国立大学法人大阪大学医学部附属病院、国立大学法人京都大学iPS細胞研究所並びに国立研究開発法人理化学研究所が連携して実施した「滲出型加齢黄斑変性に対する他家iPS細胞由来網膜色素上皮細胞懸濁液移植に関する臨床研究」(総括責任医師 栗本 康夫)に関して、移植後1年の経過観察を終了した旨の報告を、本日第123回日本眼科学会総会(場所:東京国際フォーラム)において下記の通り発表いたしました。

学会発表概要

総会名:第123回日本眼科学会総会(平成31年4月18日~4月21日)
会場:東京国際フォーラム(東京都千代田区)
発表日:平成31年4月18日
演題:加齢黄斑変性に対するHLA適合同種iPS細胞由来網膜色素上皮細胞移植
演者:髙橋 政代(理化学研究所、神戸アイセンター病院)
他11名の共同演者(理化学研究所、神戸アイセンター病院、大阪大学、京都大学)

発表趣旨(学会資料抜粋)

  • 平成29年3月から9月にかけて、滲出型加齢黄斑変性に対する他家iPS細胞由来網膜色素上皮細胞懸濁液移植の安全性を確認する臨床研究を5例実施し、移植後1年の経過観察を全て終了した。
  • 全例において、他家iPS細胞由来網膜色素上皮細胞に対する免疫反応を、免疫抑制剤の投与なしに局所ステロイド投与のみで抑えることが可能であった。
  • HLA適合させた他家iPS細胞由来網膜色素上皮細胞の移植後1年での安全性が確認された。
  • 詳細については、論文準備中。

参考情報

平成29年

2月2日

厚生労働大臣より再生医療等提供基準に適合との通知(会見済)

2月6日

臨床研究の開始及び被験者の募集の開始(会見済)

3月28日

1例目の移植手術の実施(中央市民病院)(会見済)

平成30年

1月15日

2例目の被験者に対し、追加手術を実施(会見・報告済)

平成31年

4月18日

移植後1年の経過観察終了(本プレス発表)

 

問い合わせ

神戸市立神戸アイセンター病院事務局
Tel: 078-381-9870 / E-mail:  e_kenkyu[at]kcho.jp  ※[at]は@に置き換えてください。

広報活動

http://www.riken.jp/pr/topics/2019/20190418_1/

iPS細胞から作った網膜の細胞移植「安全性確認」と発表

iPS細胞から作った網膜の細胞移植「安全性確認」と発表

201918 1213分NHK全国ニュース

iPS細胞から作った網膜の細胞を重い目の病気の患者に移植する世界初の臨床研究を行った神戸市の理化学研究所などのグループが、初めて詳しい経過を学会で報告し、移植から1年以上たっても目立った拒絶反応は見られないなど「治療の安全性が確認された」と発表しました。

理化学研究所の高橋政代プロジェクトリーダーなどのグループは、おととし、拒絶反応が起きにくい特殊なiPS細胞から作った網膜の細胞を、「加齢黄斑変性」という重い目の病気の患者5人に移植する臨床研究を世界で初めて行いました。

グループは18日、東京で開かれた学会で初めて、これまでの経過観察の結果を報告しました。

それによりますと、1人の患者にiPS細胞の移植によると見られる軽い拒絶反応を示す検査結果がでたものの、症状は見られず、全体として目立った拒絶反応は起きていないということです。

また、いずれの患者も移植した細胞ががん化するなどの異常はなく、「治療の安全性が確認された」と発表しました。

グループは、視力の回復など治療の効果についても引き続き調べることにしています。

高橋プロジェクトリーダーはNHKの取材に対し、「満足できる結果で、iPS細胞を使った治療の実用化に向けて7合目の位置まで来た」と話しています。

 

 

他人のiPS細胞移植、1年後も安全確認 理研など

後藤一也 2019年4月18日11時54 朝日新聞電子版

高橋 雅代プロジェクトリーダー

高橋 雅代プロジェクトリーダー

 

日本眼科学会総会で発表する理化学研究所の高橋政代プロジェクトリーダー=18日午前、東京都内

iPS細胞

iPS細胞

[PR]

 理化学研究所などは18日、他人からつくったiPS細胞を目の難病の患者5人に移植した臨床研究について、術後1年の経過を発表した。移植した細胞はがん化せず、強い拒絶反応もなかったことから、安全性が確認できたという。他人のiPS細胞を使った移植で、1年間の安全性を検証した報告は初めて。

 理研などの研究チームは2017年3~9月、他人のiPS細胞からつくった網膜の細胞を、失明のおそれがある網膜の病気「加齢黄斑変性」の60~80代の男性5人に移植した。他人のiPS細胞は患者本人のものに比べ、費用や準備期間を抑えられる。

 東京都で同日始まった日本眼科学会総会で発表した理研の高橋政代プロジェクトリーダーによると、移植した細胞はがん化することなく、1人に軽い拒絶反応があったものの、薬を使ったところ治まった。移植した細胞は5人とも定着しているという。

 高橋さんは「目的は達成された。これで他人のiPS細胞の安全性は確認できた」と話す。今後、治療の実用化に向け企業で治験が始まる予定だ。加齢黄斑変性以外の病気の臨床研究も進めるという。(後藤一也)

     

 〈iPS細胞人工多能性幹細胞)〉 皮膚や血液などの細胞に特定の遺伝子を導入し、心臓や神経、肝臓などさまざまな細胞になれる能力を持たせた細胞。無限に増やすことができる。山中伸弥・京都大教授らが2006年にマウスで、07年にヒトの細胞で作製に成功。山中氏は12年、ノーベル医学生理学賞を共同受賞した。iPS細胞を使った再生医療の研究は世界で広がっている。病気の仕組みの解明、創薬研究など幅広い応用も期待されている。


目の難病に他人iPS、1年後の安全性初確認…理研・高橋政代氏

読売新聞電子版

目の難病患者に対し、他人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から網膜の細胞を作って移植する臨床研究を進める理化学研究所の高橋政代・プロジェクトリーダーは18日、患者5人への移植から1年を経ても目立った拒絶反応や副作用は確認されなかったと発表した。他人のiPS細胞を用いた移植で、1年にわたって安全性が示されたのは初めて。

 発表によると、5人中1人に軽い拒絶反応がみられたが、抗炎症薬の注射で治まった。治療しないと視力が徐々に低下する恐れがあったが、移植した細胞は1年後も残り、全員の視力が維持されているという。

 他人のiPS細胞は京都大が備蓄しており、患者本人から移植ごとにiPS細胞を作るよりコストと時間が大幅に削減できる。このため、パーキンソン病(京大)や心臓病(大阪大)、脊髄損傷(慶応大)などの治療計画も進んでいる。

 

2019年4月18日

阪神シニアカレッジ公開セミナー

阪神シニアカレッジ・リレー公開セミナー(第3 回)

網膜再生医療の現場から

~iPS細胞による移植再生治療の今~

11月21日(金) 13:30~15:00

宝塚ソリオホール 

無料・申込不要・定員300名

当日先着順受け付け(13:00~)

常識を超えて未来の扉を開く

 iPS細胞の登場により近年注目を集めている「再生医療」は、障害されると再生しないと思われたいた生体組織の再生に道を開き、実用化に高い期待が寄せられています。

 今回の講演では、iPS細胞を用いて網膜疾患の仕組みの解明に取り組む現状と展望について研究者としての目線を交えながら紹介します。

講師 理化学研究所生命機能科学研究センター

網膜再生医療研究開発プロジェクト

研究員(理学博士) 大西暁士 氏

主催 兵庫県シニアカレッジ(健康学科)

講演 宝塚市。宝塚市教育委員会・兵庫県阪神北県民局

【問】阪神シニアカレッジ ☎0797-85-8880

pdfファイル(リレー公開セミナー第三回)

加齢黄斑変性症の治験者募集

加齢黄斑変性症の治験者募集

加齢黄斑変性症の治験者の募集が、主な病院で行われています。

写真は、住友病院(大阪)の眼科の掲示板に貼られた募集ポスターです。現在の治療薬が高価であるため、より安価な治療薬が開発され、その治療薬の治験を行うものです。

対象は50歳以上で、治療経験のない人です。詳しくは、それぞれの病院に問い合わせてください。

「治験」とは、ポスターにも書かれているように、新しい薬が国(厚生労働省)で認められ、世の中に出されるために、患者の協力でその薬の有効性や安全性確認するための試験のことをいいます。

現在、認められている抗VEGF薬はルセンティスとアイリーアの二つです。いずれも高価であるため、加齢黄斑変性の患者にとっては、明るいニュースです。

 

住友病院市民公開セミナー開催 「老化による目の病気」

 住友病院市民公開セミナー が開催されます。テーマは 「老化による目の病気」 で、白内障、緑内障、加齢黄斑変性につて講演があります。

11月24日(土)14時から16時、場所は同病院講堂(14階)定員150名(定員になり次第締め切り)

詳しくは  http://www.sumitomo-hp.or.jp

2018年9月25日(火)iPS細胞 シンポジウム

iPS細胞 シンポジウムの案内

神戸新聞社と京都大学iPS細胞研究所共催のシンポジウム「神戸から拓く iPS細胞の未来」が2018年9月25日(火)に開催されます。

京都大学山中伸弥教授をはじめ、iPS細胞を使った網膜再生の研究に取り組んでいる万代道子副プロジェクトリーダー(理化学研究所)などが登壇されます。

 

開催日程 2018年9月25日(火)

受付・開場13:00/開始14:00/終了16:20

会場 神戸新聞松方ホール

アクセス:JR神戸駅より南へ10分

会場への地図

会場への地図

詳しくは「神戸新聞ホームページ」

https://www.kobe-np.co.jp/info/ips2018/

申し込み方法

シンポジウムへの参加は事前申込制となります。下記の応募方法をご確認の上、期限までに お申し込みください。なお、4名様まで同時にお申し込みいただけます。応募多数の場合は抽選とし、当選者のみ参加証を発送いたします。

【対象】 一般、学生

【定員】 250名

【参加費】一般 1,000円 ※当日、受付にてお支払いください

学生 無料 ※学生証をご持参ください

【申込方法】 ①申し込みフォーム(ホームページから)

【申込期限】 2018年8月24日(金) 17:00まで

②ハガキ

代表者の氏名・住所・連絡先・職業と代表者以外の方の氏名・職業、

講演者に聞いてみたい質問があればその内容をご記入ください

【郵送先】〒650-8571 神戸市中央区東川崎町1-5-7

神戸新聞情報文化懇話会事務局(神戸新聞社地域活動局内)

シンポジウム参加受付 係

【申込期限】 2018年8月24日(金) 必着

高額療養費の上限額変更

高額療養費の上限額変更

 平成30年(2018年)8月から高額療養費の上限額が変わります。

 高額療養費制度とは、ひと月に医療機関に支払った額が高額になったっ場合に、定められた上限額を超えて支払った額を払いもどす制度です。上限額は、個人や所帯の所得に応じて決まります。

特に3割負担の方は、上限額が大きく変わります。

 外来の場合、現役並み所得(3割負担)の方は一か月上限額がこれまで57,600円のところ、8月以降は下表のように課税所得によって上限額が変わります。

 

 

 

 

 尚、課税所得145万円未満の方は、14,000円から18,000円に上がります。

 住民税非課税の方は従来通り8000円です。

 多数回とは過去12カ月以内に3回以上上限額に達した場合、4回目から「多数回」になり、上限額が下がります。

 3割負担の方は、抗VEGF薬の注射のみでは上限額に達することはありませんが、同じ月に他の病気とあわせて高額の医療費を払った場合に上限額適用の可能性があります。

 

 ひと月に一つの医療機関で支払いが、手術などによって高額になる可能性がある場合は、市(区)町村の窓口で「限度額適用認定証」の交付を受けてください。

 窓口で上限額の範囲内で支払うことが出来ます。そうでない場合は、後から払い戻しを受けることになります。

 負担割合は高齢受給者証に記載されています。

国民健康保険高齢受給者証

国民健康保険高齢受給者証

NHKスペシャル「人体」放送/「1からわかるiPS細胞」のお知らせ iPS細胞研究基金事務局

From:  iPS細胞研究基金事務局
Sent:   Friday, March 16, 2018 8:16 PM
To:   高田 忍氏
Subject: NHKスペシャル「人体」放送/「1からわかるiPS細胞」のお知らせ

平素は、iPS細胞研究へあたたかいご支援を賜り、誠にありがとうございます。

 

本日は、CiRA所長の山中伸弥教授が司会を務めるNHK番組「人体」や、CiRA研究者が登壇する京都・大阪での講座(有料)についてご連絡いたします。

■NHKスペシャル 「人体 神秘の巨大ネットワーク」

NHK総合にて、下記日程で放送されます。

・3/18(日)21時から
  第6集“生命誕生”見えた!母と子 ミクロの会話

・3/25(日) 21時から
  第7集“健康長寿”究極の挑戦

また、3/17の深夜から3/19にかけて、これまでの放送が再放送される予定です。詳しい時間帯は下記をご覧ください。
https://www6.nhk.or.jp/special/rebroadcast/index.html

なお、東京では、下記のとおり国立科学博物館(上野)で「人体 -神秘への挑戦-」という展示会が開催されていますので、こちらも、ご参照いただければ幸いです。
http://jintai2018.jp/outline/

こうした取り組みを通じて、科学・医学に関心を持ってくださる方が少しでも増えることを願っております。

■京都・大阪での講座「1からわかるiPS細胞」

2017年10月より、NHK文化センターの京都教室(京都市)にてCiRAの研究者が順番に登場して、iPS細胞研究についてご紹介する「1からわかるiPS細胞」を開講してきました。

2018年4月からは、京都教室に加えて梅田教室(大阪市)でも開催が決定し、登壇者と内容も決まりました。

 

本講座は有料の講座ですが、研究者から直接、最新情報を聞くことができ、研究の全体像を知ることができる絶好の機会です。

4月から開講します。

詳しくは、下記をご覧ください。
http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/pressrelease/seminar/180219-130000.html

今後も、iPS細胞の医療応用と基礎研究の充実、研究や基金の周知広報に努力して参ります。

引き続き、研究を見守っていただければ幸いです。

———————————————–
京都大学 iPS細胞研究所(CiRA)
iPS細胞研究基金事務局

〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町53